いろは雑記

使い方のメモ。 DAZ Studioなどなど。

20130215-1
20130215-2
20130215-3
20130215-4

いろいろなテクスチャを用意してみたけれども…、
03
シュバートさんにはどうもこれ以外はしっくりこない感じです。

そして脱がし系モーフは、Genesisデフォルトの体型に合わせて作っているため、
胸の大きい体型だと胸の部分が伸びてしまうという欠点があります。
彼もそうなのですが、女性だと顕著です。
01
△Genesisデフォルト

02
△Victoria5

回避するためには、フィギュアの体型FBM毎にFixモーフを組み込む必要がありそうです。
調整系モーフは沢山組み込んだものの、とりあえずはここで終いにしました。
いつか気が向いたら組み込もう…。女性フィギュアではまず脱がさないだろうし…。

しかし、今回のレンダリングに使ったおじいさんの肌ツヤと血色の良いこと…。
肌はAged for V4/M4をそのまま使っています。
デフォルトでこの血色です。
お年寄り化モーフは、Zev0さんのAging Morphs for Genesisです。


ところで、DAZで武器関係半額セールをやっていて、Kenjutsu Swordを購入しました。
画像で使っている刀がそうです。
柄巻など、細かいところまでポリゴンで作られているので、漫画用に線画出力させられるな~と、ウィッシュリストでセール待ちしてました。
DAZ製品以外も半額というのは珍しいです。

Genesisの衣服で、自動生成されるFBMを自作のFBMに置換える場合の、気がついたことメモです。

■D-Former(マグネット)を使う
FBMをデフォーマで作れば、他の衣服で使い回せるのではないかと、やってみました。
01
自動生成モーフでの変形とほぼ同等の位置でないと、当たり前ですがポーズによって破れやすくなります。
これがなかなか難しいです。

また、D-Formは後でリネームしても、内部名が新規作成時の名前のまま変わらず、
MirrorDForm(スクリプト)で対称位置にミラーリングするときに、面倒なことになりました。
部分ごとにDForm名を「Side_Base」のようにリネームしたのですが、MirrorDformを実行すると新規作成時の「D-Former_(数値)_M_Base」として出来上がります。
何の対称なのかわからなくなります…。
新規作成時に名前をつけ、後からは変更しないほうがいい、と学習しました。
それともう一つ、
D-FormerをPreset保存して読み込むと、各DFormの位置がズレてヘンテコな変形をしてしまいます。
縮尺が反対な変形になっていたり、謎です。
また改めて実験してみます。今後の課題。

■モデラーで修正
デフォーマは使わず、DAZのチュートリアルsmay氏のチュートリアルのように、自動生成されたFBMを書き出し、それを元にモデラーで修正するという方法。

フリークの旦那の隆々とした筋肉は、自動FBMではひどい状態です。

02
△Genesisデフォルトの状態
03
△Freak5を適用
04
△後ろ

襟の形状が特にひどいです。
滑らかツールで均すと、布の縫い目やシワがなくなってしまう恐れがあります。
この衣服は左右非対称のため、左右対称編集ができません…。これが一番厄介です。

Metasequoiaでちまちま修正しました。
ローポリだからなんとか「ちまちま」編集できるけれど、ハイポリだと厳しい。
05

BasicFemaleやVictoria5のFBMも、どうせなので作りました。
V4 Morph Magnet Fitsみたいな、Genesis用のマグネットセットがあったらな。
F5


<追記>
Sickle Rigging and Morphing Systemを利用すると、歪みの少ない綺麗なFBMが自動で作成できます。

20130129前回作成した衣服をベースに、単純なタートルネックセーターを作ってみました。
あれはシュバートさん用だったのだけど、実際着せてみると似合わなかったので、タートルに。
SubD適用の基本ローポリなので軽いです。
DAZでReal Feel Cozy Turtleneck Genesisというアイテムがリリースされていますが、セーター一着であのお値段はいささか……強気プライスです。

あとこの髪の毛は、RuntimeDNAのベンダーLittlefoxさんのLucian Hair for M4/H4というアイテムです。
有名なので多くの方が持っているかとは思いますが、とてもクオリティーが高くてお気に入りの一つです。
DAZ Studio用のマテリアルも入っているのもありがたいです。
髪の毛が束毎にボーンになっていて、ポーズに合わせた髪の流れの調整が大変しやすいです。
しかし、細かくて、レイトレース影やAO影などの計算時間がとてもとても長いです。
レンダリングが終わらない~。
この画像は1時間56分30秒かかりました。

DAZではFreak 5がリリースされましたね。
ディスプレイスメントマップ目当てに欲しいな…と思いつつ保留しています。

イーフロンティアではShade素材集のDL版が75%オフセールになっています。
11月に予告されていた森シリーズのセールは結局なく、新春にアンロックデータ集などがセールされました。
その新春セールと同じラインナップですが、その時は何度決済しても「在庫がありません」のエラーで購入できませんでした。
今回はそのようなことはなく、ようやく購入叶いました。2/28までだそうです。
エクステリアとインテリアを購入。
インテリアは持っているデータも半分含まれていますが、1200円はとても安いです。
特設ページからでないと購入できないのでご注意です。
http://go.e-frontier.co.jp/01296