いろは雑記

使い方のメモ。 DAZ Studioなどなど。

PoserでのGenesisは、強制的に関節の可動域が制限されています。
これにより、可動域を超えたポーズ付けができません。
Settings
プロパティから各回転軸の設定を参照すると...

Edit
ForceLimitsというのにチェックがついています。
(日本語版だとここは「値の制限領域を守る」になっています)

通常のフィギュアなら、
メニュー > Figure > Use Limits(可動域の制限)
のチェックを外すことで対処できますが、Genesisはすでにこのチェックは外れており、
むしろチェックをつけるとGenesisのスケールが0%になって、いなくなってしまいます。
再びUse Limitsを外してゼロフィギュアすれば戻ります。
(しかし関節の曲り方がおかしくなってしまうようで、ロードしなおしたほうがいいみたい)

DAZのDSON対応ポーズ製品にも、可動域を超えたポーズが多く存在しており、
そのままでは対応できないのにどうするのかと調べておりました。
フォーラムでもまったく話題になっていないので(一人おられたけどスルーされてました)
Poserユーザーなら当たり前に解決できることなのか、まったく情報が見つかりません。
パーツの各回転軸一つずつ手動で設定していく作業など、途方もない作業量です。
そういえば、INJファイルなどはポーズファイルでプロパティを操作しているな、
などと不意に思い出し、これと同じ要領なのではと、やってみましたらできました。

TextEditor余計な記述を入れないために、
DAZ StudioでRotationのみのポーズファイル(.pz2)をPFEで作成します。
テキストエディタで開いて、
ポーズのパラメータが書いてある場所を、ForceLimitsをオフにする記述と書き換えます。


LibraryこれでBodyとHipを除いた全パーツのForceLimitsが、
一発でオンオフできるようになりました。
ちょっと感動~。
なぜ早く気がつかなかったのかしら。
数日無駄にしてしまったわ。


Michael 5 Pro Bundleに同梱されている
Dark Priest Poses for M5というポーズセットを例に挙げますと
DPP_0n
ForceLimitsがオンの状態ではこのように足がめり込みます。

DPP_off
オフにしてあげることで期待通りのポーズになってくれます。
ちょっとまだめり込んでいるようですが...
DSでも確認してみますと、同じ状態になっておりましたので
これで正しいポーズのようです。

DSオンリーアイテムである筋肉・血管浮き上がらせマップ「M4 Displacement Maps」を
Poserで適用するいい方法はないのかな、と探していたら、
素晴らしいスクリプトに出会いました。

M4 Displacement - Not only for DAZ Studio
(このスレッドの二ページ目にあります。)

スクリプトを実行するだけで、
現在のキャラクターのマテリアルにうまいことマップを適用してくれます。
私がPoserのマテリアル設定がよくわからないのもあるのだけど、
手動で張り付けてみたらうまくいかなかったのです。
テクスチャマップ自体をPoser用に編集しなきゃならないかなと思ってましたが
このスクリプトは編集せずともそのまま使えます。
さらには既に別のディスプレイスメントマップ(眉毛や髭など)が付いていても、
ちゃんと活かしつつ上から乗せる形で加えてくれます。
強度の指定もできて素晴らしいです。ありがたいことです。

20121020スクリプトを実行すると、このように強度を尋ねられます。
入力してOKを押すだけで自動で適用してくれます。

ちなみに、このブログでもちょくちょく登場するこのおっさんは
アレクセイ、という名前があります。
これもM4からのコンバートキャラで体はMichael5です。
愛着のあるキャラを次世代フィギュアでも使えるのは、本当に喜ばしいことです。

さっそくDSON Importerがアップデートされました。
windows環境でエラーが出る問題や、ライブラリパレットが応答しなくなる問題などが修正されています。
私はエラーは出ませんでしたが、ライブラリが応答しなくなる現象が起きており、
ライブラリを外部で起動させる方法で回避しておりました。

ライブラリを組み込み式にしたい場合は、今回のアップデートで追加された、
環境設定の“Show Progress On Load”のチェックを外す必要があります。
環境設定は
メニュー > Scripts > DSON Support > Importer Preferences…
にあります。

詳しくはこちらをご覧ください。
DSON Importer for Poser 1.0.0.13 is now available!

いつのまにか無料期間は終了したようですね。
現在は、DSON製品を20ドル購入すると無料、となっています。
しばらくは無料だと思ったのにな...。