いろは雑記

使い方のメモ。 DAZ Studioなどなど。

MadnessDAZ恒例のMarch Madness 2012が始まりました。
3月になると行われる、超割引セールイベントです。毎日新製品がとんでも割引で買えるというもの。
数年前までは80%~90%くらいのびっくり割引で$2や$1になる製品が多く、つい無駄に買ってしまっていたのですが、今回は出だしから60%と、なんだか控えめです。年々お得感が薄くなる気が。不景気の波がDAZにも。…と去年も言ったような気がしないでもないような…。

ただし、今回はMadness製品購入者に毎回35%オフクーポンをくれるそうです。プラチナ会員割引と合わせて、これで翌日のMadoness製品は70%オフ以上に…!って、ちょっと小狡くない?
去年もクーポンが発行され、クーポン目的でMadnessの安いものを買って、欲しかった定価商品をクーポン割引で買いました。そういう使い方でもいいかもしれません。追記:クーポンは翌日の商品のみにしか使えません。七日目の商品で貰ったクーポンなら、八日目の商品のみに適用です。せこいです。

Madness製品の割引期間は二日間、クーポンの期限はその翌日までです。去年までの流れで行けば、買い逃しても最終日に全製品再割引があると思います。でも当日買うよりは若干高めだった気がします。

そして、すべてのMadness製品購入者には、以下のいずれかをプレゼントだそうです。

-M5 Pro Bundle
-Super Suit Pro Bundle
-Mystery Bag of Completely Awesome DAZ 3D SWAG


詳細はこちらのフォーラムにて。
初日のMadness製品はこれ。

TCDSThe Central District Subway
$25.95 → $10.38
リアルな地下鉄セット。壁や店のシャッターに落書きされまくってて、ちょっと治安が悪そうな雰囲気の地下鉄です。
ライトやカメラ付き。Poserのフォーマットだけれど、DAZ Studioでも使用可能です。


FKCDSForeign Kisses Central District Subway
$12.95 → $5.18
上記地下鉄セット用の新しいテクスチャセット。オリジナル版の地下鉄セットの、壁に書かれていた落書きなどがなくなり、小奇麗な地下鉄になって治安が向上してます。こちらはDAZ Studio用のマテリアルセットも付いています。

3DBridge3D Photoshop Bridgeは、DAZ Studio(DS)とPhotoshopを橋渡しするプラグインです。DAZ Studio 4 Proには標準で備わっています。
このプラグインをインストールすると、Photoshopでのレイヤー上に、DSでのシーンをリアルタイムに反映することが出来るようになります。Photoshopに直接レンダリングしたり、テクスチャマップをインポート・エクスポートしたり、と多機能です。


この3D Bridgeをインストールする手順のご紹介です。

続きを読む

20120222フォントベンダーのタイプラボさんから、新(?)書体「ニタラゴルイカ」がリリースされました。昨年から首を長くしてお待ちしておりました。こちらのフォントは、フォントワークスの「NTLG」、モリサワの「タイプラボN」と同書体です。また、NTLGもタイプラボNもかな書体のみですが、ニタラゴは漢字も備えた完全版です(漢字部分はルイカです)。

今回も字数制限されたお試し版を、全ウェイト無料ダウンロードさせていただけます。ダウンロードには登録が必要です。登録フォームが用意されているので登録は容易ですが、ちゃんと感想を述べましょう。常識かと思いますが、そうでない方は結構おられるようです。当方が送らせいただいた際にはご丁寧な返信をいただき、こちらが感動しました。いい人だわぁ~。登録者にはメールマガジンが届くそうなのですが、当方には届いたことがありません。別途メルマガ登録しないと駄目なのかな。

タイプラボさんのフォントは、かっこいいゴシック系やキュートなフォントが中心です。クオリティが高いのにリーズナブルな価格で、使用条件もかな~り緩め。無料版でも商用可という太っ腹ぶりには頭が下がります。どれも癖が無く使いやすい書体なので、いくつか購入させていただいています。どの書体もお気に入りです。

リーズナブルなフォントの代表といえば、ダイナフォントさんでしょうか。私も購入していたのですが、「同人に使用不可」(紙なら可です)と知り、その代用を探したり、自ら作成したりしておりました。しかし「PDFなら可」との新事実!

以下、問い合わせされた方の返信を転載させていただきます。
Rさんありがとう!

『PDFは可ですが、それ以外のデジタルデータ(jpeg、Flash等)は
別途許諾契約・費用が発生致しますのでご注意下さい。
なお、映像作品(DVD、Web配信等含む)でのご使用も同様です。』


なのですって!Jpgなどの画像データのままの同人誌はNGらしいです。でもPDFにしてしまえばいいのですって。不思議…。

『最終的な出力ファイルがPDFであれば問題ございません。』


とのこと。

サイト作成での利用についても使用料が必要のようですが、「ユーザー自身のWebサイトのデザイン制作を除く」とありますので、個人サイトであれば使用料なしで使用出来るようです。WEB漫画は「デジタルコンテンツ」としてPDF以外は駄目っぽい感じがしますね。

販売価格が安いフォントほど、蓋を開けてみると別途使用料が高額で、巧みな罠が仕掛けられている感じです。デー○クラ○トさんとか、○ィスさんとか。しかも、パッケージ自体にはその旨書いていないことがあるそうで…、詐欺っぽくない?って前も同じこと言ったかな?

そういう点でも、やっぱりタイプラボさんは安心でお勧めです!!ちゃんとタイプラボさんに、デジタル同人誌やWEB漫画で使用可能か確認したので大丈夫!
あとは、クオリティーが高いのに無料なM+フォントさんが、着々と字数を完備されてきていますので、こちらも大変お勧めです。無料なのが信じられないクオリティですぞ。


ダイナフォントさんも、随分フォントの種類が増えましたね。私が買ったときとは比べ物にならない数になっています。
DynaFont TypeMuseum 3710 TrueType for Windows
ダイナコムウェア (2011-11-04)
売り上げランキング: 126