いろは雑記

使い方のメモ。 DAZ Studioなどなど。

GenesisやMichael5(以下M5)フィギュア本体の方には、UV Setを切り替えることによって第4世代のテクスチャを再利用することができますが、Genitalia(性器)はM5のUVしか持っていないため、M5専用のテクスチャが必要です。
Wet BodyM4 Displacement MapsなどはMichael4(以下M4)版しかないため、M4テクスチャをM5で使用する機会は多いです。
本体と違和感なく繋ぐためにも、GenitaliaもM4のテクスチャを使いたいところです。

探してみましたら、有志の方がM4のテクスチャを使えるようにする差分ファイルを配布下さっておりました。
https://sites.google.com/site/crblackthorne/downloads
のページのM5 GenFix new.zipがそうです。感謝感謝です。

使い方を書いておきます。

<用意するもの>
・13977_Michael5Genitalia_1.1_trx.exe
2012/4/27以前に購入した場合はアップデートされているので、リセットして再ダウンロードして下さい。Michael5Genitaliaは、Michael 5 Pro Bundle以上に同梱されており、単品販売はありません。
・RTEncoder
http://www.rtencoder.com/downloads/からダウンロードして下さい。
RTEncoderは、著作権的にオリジナルデータを配布できない場合などに、差分として配布されるデータをデコード(またはエンコード)するためのツールです。

<手順>
1. RTEncoderを起動します。Decodeにチェックをつけて、
[Source File]:M5 GenFix new.zipを解凍して出来たM5 GenFix.rteを指定します。
[Key File]:13977_Michael5Genitalia_1.1_trx.exeを指定します。
[OutPut File]:上記二つを指定してからBrowseボタンを押すと、自動的にファイル名が出てくるので、保存場所を指定します。
1-1

指定が終わったら、Goボタンを押します。
成功すると、メッセージが出ます。
1-2

M5 Gens V4M4UV.zipというファイルが出来上がります。

2. M5 Gens V4M4UV.zipを解凍して、DAZ Studio4のライブラリにコピーします。

メタデータは付いていないので、SmartContentには表示されません。
ContentLibraryからたどっていくと、Male Genitalia M4V4UVというアイテムがあります。これがM5・M4・V4のUVを持つMale Genitaliaです。UVSetが増えた以外は、オリジナルと全く同じものになります。
2

3. M4のテクスチャを使用するには、SurfaceのUV SetをMichael4に指定するのを忘れないようにして下さい。
3


実際に使用してみます。
20121002-1
フィギュア本体に血管・筋肉浮き上がらせマップM4 Displacement Mapsを使っております。GenitaliaのDisplacementは自前のものです。
ほとんど違和感なく繋がっていると思います。

20121002-2
どうしても繋ぎ目が気になる場合は、毛を生やしてごまかそう。
体毛にはUnshaven Body Hair for Genesisを使っております。

追記
デフォルトのMale GenitaliaにUV Setだけ追加する
という手もあります。

data/DAZ 3D/Genesis/Male Genitalia/UV Sets
の中に
data/DAZ 3D and CauriB/Genesis/Male Genitalia Fix/UV Sets/DAZ 3D and CauriB
をフォルダごとコピーします。

Male GenitaliaもDSONにアップデートされましたので、
Poserで使う場合は、そちらの方法がいいかと思います。

追記2
差分ファイルが更新されました。
製作者CauriBさんのダウンロードページからダウンロードするファイルは
"Male Gen improved.zip"です。
新しいバージョンでは、M4とV4の他に、Hiro5(hipのみ)とMichael3にも対応しました。
いくつかのShapeやコントロールモーフが追加されています。
DAZの方のM5 Gensファイルは、
2012/10/09に更新された"13977_GenesisMaleGenitalia_1.3_trx.exe"が必要になります。
デコードするキーファイルはインストール後の
"/data/DAZ 3D/Genesis/Male Genitalia/Genesis Male Genitalia.dsf"の方なのでご注意下さい。

DAZでPA製品がほぼ全品半額セールになっています。
めったにセールしないベンダーさんの製品を買うチャンスです。
期限は現地時間の9/28までです。
日本時間にすると、あちらはサマータイムで一時間延びるようなので明日の15時ごろまで、かな。

話は変わりますが、
第4世代の自作ポーズ集をGenesisに変換する作業をやっております。
正確に言うと、ぼちぼちこれからやっていきます、かも。
PoseMasterで、pz2をdsaにバッチ変換したので、修正作業に入ろうかなというところです。

GenesisにM4V4のポーズを適用させたときの一番の違いは親指です。
Limit(可動領域の制限)をオフにして適用すると、親指があらぬ方向に骨折します。
M4
△M4
Gen
△Genesis(M4Shape)

Genesis V4 pose adjustmentでも、
PoseMasterでも、親指だけは修正されません。

どうやらGenesisのThumb2とThumb3だけ、BendとSide-Sideが逆のようなのです。
M4_Rotation
△M4のThumb3(親指先)

Gen_Rotation
△GenesisのThumb3

GenesisのBendとSide-Sideの数値を、マイナスを付けて入れ替えたら骨折は治まりました。
Gen2
△Thumb2とThumb3のSide-Sideの数値をBendにコピペ。

何か便利なスクリプトはないものかと探してみましたら、
Genesis Thumb Fix After Applying A V4 Pose
というものを見つけたのですが、
こちらは親指のポーズをゼロにリセットするポーズファイルのようです。

一つずつ手動でやっていくしか、ないのかな。

20120924-1Poserでの最終確認を兼ねたテスト撮影会に
「みなさんお久しぶりです」、なM4コウメイ君です。
ジミーです。地味ーくんです。

以下の画像もすべてポストワークなし、
文字を入れた以外はレンダ画像そのままです。


20120924-2マテリアルを変えると、多少イメージが変わりますね。
Furだとローポリ具合を隠せて一石二鳥かも。
DSだとディスプレイスメントの
凸と凹の加減を分けて指定できるけれど、
Poserだと両方均一なのですね。


20120924-3とくそう先生と脱がし脱がし。
これのみDSレンダです。
髪の毛の質感で一目瞭然ですな。

MillenniumCatは何であんなに大きいのでしょう。


20120924-4この画像のズボンでは
「もっこりモーフ」をオンにしてみたのですが
テクスチャーのせいでまったく効果がわかりませんね。
生々しくしすぎたかと思ったのだけど全然問題ないようです。



■DSとPoserの球状影響範囲のメモ
DSでは問題ないが、Poserにもっていくと…というものが、また見つかる。
球状影響範囲が、Poserだと微妙に変わってしまうみたい。
PoserとDSで数値の単位が違うから、その変換の過程で変わる…?
要研究。

Poser用の衣服は、面倒でも最初からPoserで作成した方がいいのかもしれない。
現在のPoserでは改善されているかもしれないが、少なくともPoser7Jでは以下の難点がある。
・日本語版では保存時にファイル内部も日本語に変換していまう(テキストエディタでの英語変換必須)。これにより一部のFBMが日本語に置き換わり、連動しなくなる。
・パーツの内部名をBODY:1やhip:1のように1にしたいところを、ロードするたびに数値を増やしてしまい、hip:4、5…と、どんどん増えていく。数値が1でないと、今度はDSでFBMなどがフィギュアと連動してくれなかったように思う。
・モーフの組み込みが、パーツ毎にモーフ用obj読み込み(objがパーツ毎に必要)モーフターゲットを作成→作成した各モーフターゲットを1にしてからフルボディーモーフ作成と、かなりの手間がかかる。DSでは直接フルボディーモーフを読み込めて(objは一つでいい)、一括で複数モーフを同時に作成できる。
・ポーズを維持した状態での、外部モデラを使ってのJCM作成が出来ない(差分を作ることでできないことはないらしい…が、かなり大変)。
・球状影響範囲が視覚的に分かりにくい。
・ERCが設定できない。外部エディタで記述する必要がある。
・プロパティを一括で編集できない。
etc

…きっとPoserには、それを補助するスクリプトやツールがあるのだろう。
モーフの読み込みあたりは、さすがに新パージョンでは改善されているに違いない。
でないとパーツの多い衣装では手間が半端ない…。