いろは雑記

使い方のメモ。 DAZ Studioなどなど。

ネタもないのでDAZ Studioの便利なスクリプト紹介でも…。

フリーのDSスクリプトにSizeOfというものがあります。これはシーン内のフィギュアや小道具などのオブジェクトの、縦横奥行きサイズを測ってくれる優れものです。たとえばフィギュアの身長を測りたいという場合、
20100227-1
このように、フィギュアをロードしてフィギュア全体を選択後、SizeOfをダブルクリックすれば、結果が表示されます。これだとデフォルトのM4は約187センチだとわかります。

よく似たスクリプトに、ScaleItというスクリプトがあります。これはサイズを測るだけでなく、オブジェクトを指定したサイズに縮小拡大してくれるスクリプトです。例えばフィギュアに身長差をつけたい、なんて場合。
20100227-2
ScaleItをダブルクリックで出てくるウィンドウに
20100227-3
Ysizeにお好みの高さの数値を入力。入力はスライダーを動かすか、手動で数値を入力します。
170センチの身長にしたいとしたら、Ysizeの項目に170と入力します。
Acceptを押して決定すると、フィギュアがそのサイズになります。
縮まったことで床から足が離れてしまうので、パラメータタブのオプションからMove To Floor(ショートカットはCtrl+D)を押して接地させたら完成です。
アバウトに作ってしまった小道具などのオブジェクトをロードしたときなど、数値を指定してサイズを合わせられるのは助かります。通常はパーセントでの縮小拡大しか出来ず、実際何センチなのかは定規の小道具を別に用意して測らなければわかりませんもの。

其れがしはPoserを主力で使うんだ!という場合は、PoserFormatExporterでサイズの出力項目だけにチェックを入れて.pz2ファイルにエクスポートしておけばよいのではないでしょうか。

Poser Format Exporter (PFE)はこちら
SizeOfとScaleItはこちらから入手できます。どれも無料なのでご安心ください。
しかしフォーラムを見るとどうやらScaleItはDS3ではエラーが出る模様…。いろいろ便利なスクリプトやシェーダーセットがDS3未対応ということもあって、私は未だDS2です。で、さらに見ていくとこの間までDS2もダウンロード出来たのに、今では無くなっている!しばらく保存しておいたのですが、ついこの間またダウンロードすればいいやってゴミぽいしちゃったよ…。DS2がダウンロード出来ないのではこんな記事も役立たずのごみ情報だわぁ。


追記[2013/07/02]
Poser Format Exporter (PFE)がいつの間にか有料化しています。
しかし無料配布中のDAZ Studio 4.6 Proに含まれているはずです。
SizeOfとScaleItはこちらからダウンロード出来ます。
SizeOfはDAZ Studio 4.6でも使用出来ますが、ScaleItは表示はできるものの、実際にスケールの調整ができません。
こちらで有志の方が対応版を配布下さっていますが、残念ながら現在はダウンロードができなくなっています。これでしたら4.6でも機能しています。

以前、Poserで濡れ肌を表現するマテリアルセットWet&Woundedをご紹介しましたが、残念ながらPoser限定でした。DAZ Studioでも何か濡れ肌を表現するよい方法はないかと探してみると、Wet&Woundedのような便利なアイテムをDAZにて発見!
Universal Wet Maps and Orcamaidというアイテムです。
PoserとDAZ Studio2および3、どちらの環境でも使用できるようになっています。
この手のものでは当たり前のように女性フィギュアVictoria4専用でありましたので、Texture Convertor 2でMichael4にコンバートして使用させていただきました。
20100224
なかなかの濡れっぷり…。
濡れ方は水滴、通常の濡れ、軽めの濡れ、の3パターン用意されています。Wet&Woundedのような複雑なシェーダーというわけではなく、濡れが描かれたスペキュラマップを当てて表現するタイプになっていて、自分の好きなスキンを使用したフィギュアを1クリックで濡れ肌にすることが出来ます。
上の画像は通常の濡れを適用してみたものです。所々水滴部分が伸びている気がするのは、コンバートの弊害でしょう。

軽めの濡れタイプも試してみました。
20100224-2

いろいろな場面で使えそうです。

 1/9に発売したPSPのゲーム、キングダム ハーツ バース バイ スリープ
。予約して購入していたのをようやくクリアいたしました。ラスボス超弱い!雑魚より弱い!回復いらず!なのは、育て過ぎか…。自力でコンプしようとしたら嫌でもそうなってしまいます。アクションも爽快で楽しいKHシリーズですが、今回はディズニーキャラ達とのイベントも盛りだくさんで大満足でした。スティッチが可愛い。あんなに「可愛くない…」と思っていたのに…。一緒に戦ってくれる時の動きがまた可愛くて、敵そっちのけでした。そして、アニメでは小憎らしいと思っていたドナルドの甥っ子の三つ子たち。もう可愛すぎです。彼らが作るアイスのミニゲームを何度やったことか~。声も可愛い~。

 バースバイスリープはシリーズの原点になる話で、本編キングダムハーツから約10年ほど遡るらしい。キーブレードマスターを目指し修行する3人の主人公のうちの一人、テラという青年が、マスターの一人であるゼアノートという爺さんに肉体を狙われ闇に堕ちるかどうかというのが、今回のお話です。他の二人の主人公はそのテラを追う形になります。KH2をプレイ済であればテラの未来はわかっているわけで、待ち受ける不幸を思うと彼を先に進めるのが辛かったです。このゼアノート爺さんなのですが、KHシリーズの黒幕的存在で、どの作品にもラスボスとして出ており、あの様子じゃ懲りずに今後の新作にも出る意欲満々といった風です。でも毎回名前と姿が違います。バースバイスリープのゼアノートはつるっパゲ、だけど性欲は絶倫、みたいなイヤラシイ顔した背骨の曲がった爺さん。これがオリジナルらしい。でも若い頃は髪はふさふさ銀髪の、顔立ちも声もテラに似た美形さんというから詐欺な話です。月日の流れはあまりに残酷です。

3/25に早くも究極の攻略本アルティマニアが出るとのこと。
20100208
キングダム ハーツ バース バイ スリープ アルティマニア

この表紙の背後の爺さんがそのゼアノートです。昔は美形さん?であった片鱗も伺えない厭らしい顔をしてらっしゃいます。やらしいことばかりしてるから、禿げ上がってしまうのですわ。手前向かって左の黒髪の青年が、爺さんにその瑞々しく逞しいカラダをいやらしく狙われることになる不幸なイケメン青年テラくんです。実直で礼儀正しい好青年テラ君を、エロ爺さんの魔手から救ってあげたければ続編を買って下さい的なEDがまた商売上手いなと思いました。あと、野村氏のインタビューによると、FMが出るかも?とか、本編主人公ソラとは別の主人公でまたシリーズを製作中だとか…。毎回わざとらしく伏線を残す内容に、クリアしたのにクリアしてないみたいな、消化不良ですっきりしません…。ううう。しかもその都度別ゲーム機種で出るから商売的でいらやしいわぁ。何体買わせる気だ~。勘弁してぇ…。