いろは雑記

使い方のメモ。 DAZ Studioなどなど。

DAZオリジナルのモーフでもお顔を弄ると標準のEyesCloseモーフでは目が閉じなくなるM4。ちゃんと閉じなかったコウメイくんの目を閉じさせるモーフを作るために、作り直しの面倒がないよう不満の残っていたコウメイくんのお顔を再び調整。お顔を弄ると目を閉じるモーフもまた最初から作らなくてはならないのです。
a5f07d81.jpg
目と眉毛だけの修正なので、第三者の目からみれば変化はわからないと思うのだけど、意地悪っぽくなった気がする。何か企んでいそうな。正面アングルではなお一層嫌味さ倍増です。しかし、ノースリーブと扇と長髪で、いささかニューハーフっぽいです。中華っぽい服を着せたかったのですが失敗でした。どうみても、おかまちゃんです。

やっと目が閉じるようになったコウメイくん。
a2f77606.jpg
先日買ったPoser用のShader、Wet&Woundedを使ってみました。
スポーティーなエクササイズで健康的な汗をかいています。コウメイくんは運動しながらどこかに行くようです。汗は画像をアップにしないと効果がわからないかも。
『Wet&Wounded』は濡れ肌っぽくなるShaderの他、血や泥やあざなど、痛々しい肌になるShaderも含んだセットです。
これ→http://www.renderosity.com/mod/bcs/index.php?ViewProduct=67705

濡れ肌だけ欲しかったので、同じ製作者の方のV4WetSkinShaderの方を使ってみたのだけど、どんな魔法がかけられているのかシェーダーが複雑で、テクスチャをM4用に変換してみたりもしましたがM4には上手く適用出来ませんでした。『Wet&Wounded』はミレニアム4シリーズのフィギュア以外にも3シリーズにも対応できるというのでこちらを購入。その直後にレンダロクーポンが送られてきたのがやや悔しいです。あと一日待てばよかった…。
V4WetSkinShaderの方が、濡れ濡れ感が強い気がしました。なんとなく。それもこれも、V4とM4のテクスチャに互換性が無いのがいかんのです。DAZでも、V4RealismKitなるものが売られていますが、これもM4には使えないのです。「ちゃんとV4を選んで」みたいなエラーが出たような。M4にもRealismkit出してよ~、と思います。男性ユーザーの多いだろうPoserでは男フィギュアは主にミートステッキしか使われないからでしょうかね。悲しい扱いです。

肌の質感を向上させるPoser用Pythonスクリプト、『Real Skin Shader』を購入。
その威力たるや流石です。通常なら、そのキャラ用にバンプ、スペキュラ、ディスプレイスメント等の各マップの作成、シェーダーノードの接続、等々マテリアル設定とライティング設定で試行錯誤するのですが、このスクリプトは特に何もせず、ただ実行ボタンをクリックするだけでリアルな肌の出来上がりです。
記念に一枚。
5086cb81.jpg
△ バレンタインっぽく

SSSの効果で肌の輝きが増します。
レンダリングが遅くなるのかと思ったけれども、特に遅くなったようには感じませんでした。
AOを追加してもう一枚。
2c738071.jpg
△ お嬢様:「いくらやおいブログといえど、殿方ばかりは飽きましたわ」

デフォルト状態では爪には適用されないようです。上の黒髪の子の画像はそのため爪がやや暗めになってしまいました。レンダリングした後に気がつきました。
RealSkinShader.pyを開いて、
for material in figure.Materials
と書いてるところにShaderを適用したいマテリアルを追加しました。ついでにM4のGenitalsのマテリアルなども。
いやはや、12ドルはちょっと高いなぁと思って躊躇していたのですが、なかなかどうしてよいお品です。

DAZで2008年に人気だった商品半額セールをやっています。
フィギュア作成ツールの上級版、Advanced Figure Setup Toolsを購入。単品で買うとFigure Setup ToolsとセットのBundleとほぼ同等の値段というのがやや悔しい…。発売当初はBundleを買うつもりだったけど、ベンダーを目指すわけではないので、趣味のお人形さん遊びで作成する程度には半額でもまだ高価。迷った挙句Figure Setup Toolsのみにしたのでした。でもその後衣服を作成してみて、やっぱりAdvancedがあれば格段に作成が楽になりそうで、買わなかったこと後悔です。使い勝手の悪くもうこれ以上の進化は望めなそうなPoserを思えば、進化を続けるDAZ Studioへの投資は高い買い物でもないかもしれない。セールと円高のときに買えば。
Figure Setup Toolsは、Poser形式のファイルであるcr2ファイルにエクスポートしてくれる機能があり、フィギュアや服を作らない場合でも重宝します。DAZstudio→Poser間のやり取りがスムーズになります。cr2ファイルにすれば、エディターで中身を弄るのも楽です。半額+プラチナで日本円にして約1000円くらいなので、DSユーザーは買っておいて損は無いと思います。
23562140.jpg Figure Setup Tools Bundle
無料のDAZ Studioでフィギュアや衣装を作成するためのプラグインFigure Setup ToolsAdvanced Figure Setup Toolsのセット品。
Poserよりも操作が簡単に思います。
セール期間は現地時間の1/18までです。