いろは雑記

使い方のメモ。 DAZ Studioなどなど。

 DAZにて、苦手な英語での問い合わせ。内容は、「購入したアイテムがダウンロードリストに表示されるも、ダウンロードをクリックしてもファイルがありません的な表示が出てダウンロードできない」ということについてです。「この件については技術サポート部に転送しています」という内容で、一日で返信がきました。が…、それから一週間音差沙汰無し…。再び問い合わせようとしたところにようやく返信が。「ブラウザのキャッシュをクリアしてから、購入履歴をリセットして再ダウンロードして下さい」みたいな内容で、指示に従う。が、現状変わらず。私の拙く片言な英語が通じないのかなと、今度はスクリーンをキャプチャして問い合わせてみて二週間…。返信来ず。遅れてるのかな?と辛抱強く待ってみたけど、さすがに2週間も過ぎてはもう返事の望み薄だよね…。日本のサポートだったら、大抵一日以上開けると「遅れて申し訳ございません」とか冒頭に付けると思うのだけど、さすが米国。一週間遅れても一切の詫びもなく「Hi ○○!」と気安かったし。返事来るだけましか…。スルーな企業さんもあるものね。
PoseHelper 購入したアイテムは、←"Pose Helper for Carrara"というものです。商品紹介ページにはC7とC8に対応と書いてあるのだけど、なぜかC7対応版だけ、ファイルがなくダウンロードできないのです。C8は出来ます。なので、いよいよ観念してCarraraも8へと移行かしら…。Yatoonも有難いことに動作できるようにしていただいたし、先日C8本体のアップデートもあったことだし。相手が日本だったら、もう少し根気強く問い合わせるのだけど、私には英語の壁が高すぎてもう駄目。英語苦手なくせに手を出した報いだと思って諦めよう…。悔しいけど。


 話は変わりますが、先日CLIPのお正月コンテストに応募させていただいた素材が、なんとCLIP賞と銅賞を頂きました!CLIP賞は屠蘇器で銅賞は羽子板セットです。
20101222応募する方が少なかったからでしょう。私なんかがあり得ないと思っていたのでびっくりでございます。ダウンロードして下さった方はありがとうございます。センスも技術もない私ですが、丁寧さだけには自信があります。漫画も丁寧に描きすぎてなかなか描き終わらない…(あんなでも精一杯丁寧…)。
次回のコンテストはお題イラストのシーンにあう少女マンガ素材だそうで、これは逆立ちしても無理なジャンル…。やおいもある種少女マンガではあるけれども私の濃い絵柄では…。シーンが限定されているので3D素材も入る余地無さそうだし、とても出来そうにありません。残念であります。

CLIPにlwo形式の3D素材をアップさせていただきました。一つ目はこちら。
HagoitaSet_Thum羽子板と羽のセットです。無い様なので作ったら、アップしようとサイトへ行くと同じようなものが新規で公開されてました…。がーん…、数分違い。それでも折角なので。
ダウンロードページはこちら。
http://www.clip-studio.com/clip_site/material/search/detail/contentid/14071

駆け込みでお正月コンテストに出品させていただきました。…けど、これは絶対ないわ~。こんなんでも、ダウンロードには40クリッピーほど頂戴いたします…。申し訳ないです。

二つ目はこちら。
SofaSet_Thumソファーセットです。サムネイルはモノクロですが、テクスチャーはカラーなのでコミスタ以外でも使えます。
詳細とダウンロードはこちら。
http://www.clip-studio.com/clip_site/material/search/detail/contentid/14070
誠に恐縮ですが150クリッピーです…。

この家具たちは前にPoser用に作ってあったものを変換、調整。ってそんなんばっかですね。寂しいから観葉植物とテクスチャだけ新規で作成。なぞのへっぽこ観葉植物、ポリゴン喰いまくって重いです。ぎりぎりまでケチっても約14000ポリです。

CLIPにリビングセットをアップさせていただきました。
LivingSet詳細は左図の通りです。ダウンロードへの直通リンクはこちら。
http://www.clip-studio.com/clip_site/material/search/detail/contentid/13753
プレミアム素材になっております。ダウンロードには200クリッピーほど頂戴いたします。

このデータを最初に作ったのはかなり古く、制作ソフトはmyShade2でありました…。Shadeの使い方を覚えるのに作った初Shade作品でした。これ以降、Shadeではまともなものを作ったことないのにバージョンはもう12。歴史を感じます。データはほぼそのままなのですが…、不自然なところを直したり、ポリゴンデータに変換したり、カーテンの裏地とかコミスタでは要らない部分を削除したり、UVマッピングしたり、テクスチャ作ったり、コミスタ用の親子関係構築したり。意外に時間がかかってしまいました。ポリゴン化まではShade12で行いました(マッピングとパーツわけはメタセコ)。操作が…、わかりません。なぜにポリゴンは多角形になるのでしょうか。どのみちメタセコで修正するからよいのですが。しかしShadeも捨てたものじゃないです。ブーリアンがメタセコより賢い!ちょっと本気でShadeを勉強したく思いました。12対応のガイド本が欲しいです。もしもこれからShadeを買われる方いらっしゃいましたらガイドブック付をお勧めします。ガイド本単独よりも割安です。私はバージョンアップ版なので付いてないのです。

現代のお部屋を作ることは、もうないなぁ…と思います。Shade ドリームハウスがあるもの。うう…、ほとんど使わないうちにみるみる安くなっちゃって…。必要なのは有償無償でも皆無の、平安~室町時代のオブジェクトであります。比較的平安や江戸は手に入りやすいですが、室町時代である戦国は作品のテーマとしては豊富なのに、資料がなかなか見つからず、制作も難航してしまいます。