TC2DAZ3DでPublish Artistの製品50%オフのセールが開催されています。
異なるフィギュア間のテクスチャをコンバートしてくれるツール、Texture Convertor 2 も半額になっていたので購入しました。元の値段が結構するので、発売当初も半額セールされていたと記憶していますが、テクスチャを買ったほうが安いや、と思って買わなかったのです。が、どっこい。Michael4(M4)のキャラを作っていて、こちらの必要性を痛感しました…。買ったほうが…と思っても、まずM4用の製品がほとんどないのです。Victoria4(V4)とは互換性もなく、流用するとなるとかなりの手間が掛かります。手持ちのMichael3(M3)キャラのテクスチャを使いたいと思っても、こちらはかなり構造が異なるため、これまた編集の手間が半端ではなく…。
私が主に使うテクスチャは、筋肉マップです。てっきりV3とM3のようにテクスチャの互換性があるのだと思って、M4発売前にV4の筋肉マップを買っておいたのです。ですが、いざM4が発売になってみて、互換性がないとのことでショックでございました。M4の筋肉マップが出てくれれば良いですが、出る気配もなく、発売されたとしても筋肉マップは安くはないのでまた失費になります。

というわけで、Texture Convertor 2(TC2)なのです。
TC2は単独では使えず、変換したいフィギュアのプラグインが個別に必要になります。TC2Bundleですと、V4/A4とV3のプラグインがセットになっています。このBundleM4用のプ ラグインを購入いたしました。
こちらを使って手持ちのV4用とM3用の筋肉マップを、M4用にコンバートしてみました。

Victoria 4.2 Muscle MapsをM4用に。
(変換元の指定:V4→変換先の指定:M4)

9267cb38.jpg
鎖骨ラインのゆがみと胸のはみ出しが気になる程度で、つなぎ目も目立たず綺麗です。

86997775.jpg
後ろも、若干のゆがみがあるものの、許容範囲かと。


Michael 3 & David Muscle MapsをM4用に。
(変換元の指定:V3→変換先の指定:M4)

83b12b43.jpg
テクスチャはM3用でも、変換元の指定が女性用だけに、胸の辺りのゆがみが非常に気になります。胸の位置もずれています。
V3とM3はテクスチャ共用可能ですが、このゆがみはちょっと気になるので、M3用のプラグインを追加で購入いたしました。

変換元にM3を指定して変換した結果。
(変換元の指定:M3→変換先の指定:M4)
ba5e4f0f.jpg
胸のずれがなくなり、ゆがみも先ほどよりはずっと緩和されました。


このTC2、本来はBundleで$ 34.95します(単体ですと$ 24.95)。プラグインも一つ$ 9.95と、なかなか良いお値段です。しかもPublish Artistの製品になりますので、プラチナ会員30%オフ価格が適用されません。
半額セールは12/1までです。円高な今がチャンス。

残念なことに、TC2の男性テクスチャ用のプラグインを買っても、Genitilia(性器)のテクスチャは対応していません。対応を強く希望です。でも筋肉マップには性器のテクスチャは付いてませんです。