総合3DソフトCarraraでPoserのフィギュアや小道具を直接読み込むことができますが、Poser用アイテムに変換していないモデルデータは、同じシーンに読み込んだときにサイズが合いません。

今回はPoser単位に合わせて作ったオブジェクトや、PoserからエクスポートしたオブジェクトをCarraraにインポートするときにサイズを合わせる覚え書きです。

Carraraでインポート時に表示されるダイアログの
Transform:
Disable Aoto-scalingにチェックを入れて、数値を96と入れてやると丁度よくなります。
6165eb33.jpg

検証のための沢山の四角形たち…。
dd3e3ad1.jpg

注意しなければならないのが、読み込むファイルのパスに2バイト文字(日本語とか)が含まれているとまったく読み込まれません。Carrara内では日本語も文字化けせず使えます。


メタセコイアでObjでエクスポートするときに、Carrara単位にあわせる場合は
Yet Another Obj Export Pluginでの縮小率を一番下の1/2.54にするといいようです。
99e44eae.jpg
Carrara単位でエクスポートした場合、Carraraで読み込むときのDisable Aoto-scalingは1にします。DAZ|Studioに読み込むときは、PresetにCarraraを選べばぴったり合います。
c01e7e3b.jpg

PoserでのObj読み込みはサイズの調整が出来ないため、合わせるのは難しいかもしれません。そういったことを考えると、Poser単位に合わせて書き出した方が融通が利きます。

Carraraも読み込みの設定を保存できないものかしら…。数が多いと毎回設定するのが面倒です。Carraraに限らずなのだけど、英語ソフトってほんっと文字が小さくて読めない~!その上背景が濃い色で余計よくわかりません。Poserも文字見づらいよねぇ。背景と文字の色が近くて読みにくいったらないです。目の悪いユーザーに全然優しくないです。ますます目が悪くなります。英語ソフトが増えてくると、仕方ないのでハードディスク内のファイルもフォルダも英語で表記せざるをえなく、見づらいし、目的のファイルを見つけにくいです。『秘密』と『secret』では俄然、日本語の方がわかりやすいよ。よく見ないとselectとかと間違えそうだし。


●Create Carrara Objects As:(Objインポート時) のスムージングに関しての覚え書き。
c0b39bd7.jpg

スムージングはポリゴンを見た目滑らかに表示してくれるもので、この角度の数値が小さいとカクカクに、大きいと滑らかになります。ですが、あまり大きくしすぎると、家具などの鋭角がきっちり出て欲しいような硬質なオブジェクトがまるまるっとしてしまうので注意なのです。

[Facet Meshes:]
Smoothing Angleにてスムージングの角度が読み込み時に指定できるできるけれども、後では修正が効かないみたい…?ちょうどよい角度になるまで、何回か読み込みなおしが必要かも。モデリングルームで編集しようとすると強制的に三角ポリゴンに変換させられる。融通が利かないけれど、家具関係のオブジェクト読み込みはこれが無難。

[Vertex Primitives:]
読み込み時にスムージング角度の指定は出来ないが、最初からスムージングが掛かった状態で読み込まれるため、面取りされた状態だったり、平面のオブジェクトに変な影ができる…。モデリングルームには四角ポリゴンのままスムーズに移動。サブディビジョンの項目でスムースのレベルが調整できる。サブディビジョンはポリゴンを細かくして滑らかにするのでスムースとはちょっと違う。レベルを上げると正方形が球体になるほど丸っこくなる。デフォルトではオフになっているはずなのに、レベルを0にしても丸いのはなぜ…。どうやったら鋭角が出るのかなぞだらけ。


以前はDAZ|Studioも強制的にスムースで涙目だったのですが、調整できるようになってとても助かってます。背景をトレスするにも丸っこくなられると角がどこかわからなくなるし、角を出すにはポリゴンの面を切り離したり切れ込みを入れたりの作業が必要になるし、無駄にサイズも大きくなるしで面倒でした。Lightwave形式以外強制スムースのコミスタの3DLTもどうにかして欲しいと要望させていただいたのですが、コミスタの3DLTはあまり使用していないのでもうどうでもよくなってきました。

●追記(09/05/13)
スムースの設定は後からでも可能でした。詳細は5/13の記事