Carraraにオブジェクト読込後、スムース角度の指定はどこで変更すればよいのかやっとわかったので覚え書き。普通のユーザーなら当たり前にわかることでもCarraraも英語もさっぱりな私には大発見です。

■■■

[編集]メニューの[スムーズオブジェクト]を選択すると、設定ウインドウが表示されます。
cfa0b834.jpg
注:有志の方が作られた日本語化キットでメニューを日本語表示にさせていただいています。たぶん英語だと、[Edit][Smooth Object]だと思う。
Facet MeshesでもVertex Primitivesdでも設定の変更が可能。
読込時に指定するFacet Meshesって、編集するには変換が必要だけど表示だけなら少ないメモリで済むよ、という便利なものみたい。

●設定の詳細

[Chenge edges creaseing] エッジの折り目の変更
Smooth: 滑らかに
  93a38620.jpg Smooth

Crease: 折り目をつける
 7a7b7584.jpg Crease

  ALL : 全部
  Angle Greater Than ○○ :  ○○角度以上

[Chenge smoothing] スムージングの変更
None : 解除
Smooth :サブディビジョンを用いて滑らかにする
  Subdivision Level : サブディビジョンのレベル<滑らか度合い>の指定

 (Modelingを0にしてRenderingだけレベルを上げると、ポリゴン数も見た目もそのままでレンダリングの時だけ滑らか表示になってくれる。)

 1ac5b62b.jpg Subdivision Level 2

□Convert smoothed polymeshes into regular ones.
 (this option creates many facets)
 スムース化したポリゴンを通常のポリゴンに変換(面を大量に生成)
ポリゴンを細かくして滑らかにするので、サブディビジョンのレベルを上げればそれだけポリゴンが倍になる。

152da729.jpg  ⇒ eddb47f6.jpg

□Affect children of selected objects
 選択したオブジェクトの子オブジェクトにも影響を与える

□Convert to Vertex Objects if needed
 必要なら頂点オブジェクトに変換


マニュアルを探してもこの項目の説明が見つかりません。マニュアル作成後にバージョンアップで後から追加された機能なのかなぁ。ちなみにCarrara6.2.1です。