DSにフィギュアを読み込み、髪の毛や衣装やら小道具やらを着用させたとします。
20100305-2
ここでは仮にM4本体にパンツと眼鏡、髪の毛とアクセサリーを読み込みました。

お試しレンダや背景セットの設置など、一時的にフィギュアを非表示にさせたいなんていう場合、Sceneタブの目のアイコンをクリックすると思うのですが、
20100305-3
フィギュアは非表示になりますが、ペアレントされているものは残されてしまいます。
これが結構面倒くさい。どうにかならないかなと思ったら、とても便利なスクリプトがございました。
Figure Visibility Toggleというスクリプトです。
20100305-4
対象のフィギュアをどの場所でもいいので選択してからこれをダブルクリックすると、

20100305-5
ペアレントされたものもコンフォームされた衣服も一緒に非表示なりました。再び表示したいときは、もう一度ダブルクリック。

スクリプトをいちいちContentタブから呼び出すのは手間なので、Figure Visibility Toggleのアイコン上で右クリックからCreate Custom Actionでメニューバーに登録し(Create Custom ActionをクリックするとメニューバーのScriptsの中に自動で入ります)、Editメニュー>Customize(ショートカットはF3)からショートカットを割り当てておくと、使いやすいのではないでしょうか。

Figure Visibility Toggleは、前回の記事のDOF controlと同じ作者さんで、こちらから入手できます。