DAZのVictoria4およびMichael4のベースフィギュアが更新されました。今回の更新でMichael4にも待望のLODデータが付属しました。LODとはLevel Of Detailの略で、ポリゴンの数をカメラの距離に応じて増減させる技術のこと、だそうです。例えば、群衆のシーンなどはカメラが遠いのでディテールの荒いローポリゴンを使ったりして軽量化する、等でしょうか。カメラに限らず、ポーズを付けるビューポートではローポリ表示、レンダリング時はハイポリ表示、といった設定もできます。群衆とまではいかずとも、DAZフィギュアは標準でハイポリゴンなので数体ロードしただけでもマシンに厳しい。予めLODが用意されているV4がうらやましく思っておりました。
M4にLODがつくことはもうなかろうと諦めて、DAZ StudioのLOD作成プラグイン、Decimator for DAZ Studioを購入したばかりだというのに…っ。プラチナ割引で約半額だったものの、これ、定価$99.95もするのよね…。フィギュア以外の用途に使うとして割り切ろう…。

V4/M4付属のLODの使い方ですが、DAZ StudioではEditメニューから Add Level of Detailを選択して、LODのジオメトリをインポートします。M4の場合はRuntime\Geometries\DAZPeople\blMilMan_m4b_LOD 内に格納されています。LODでローポリ化してもモーフは有効ですよ。好きなキャラをローポリ化出来ます。
デフォルトのM4と各LODのメッシュを比較してみました。
20100620-1
LOD_17Kではそんなにカクカクせずアップでもそこそこ耐えられるレベル、それでもかなりのポリゴンが軽量化されています。

ちなみにDecimatorでローポリ化するとこんな感じに…。
20100620-2

全体的にローポリ化するので、低くしすぎると顔が崩れ過ぎてしまうという欠点があります。ボタン一発でローポリ化でき、スライダーでポリゴン数を簡単に指定できるのでとってもお手軽なのが利点でしょうか。速度も速い。

CarraraでもPoserフィギュアのLOD設定が出来るのですが、ポーズによってポリゴンが激しく破綻してしまいます。いったんポーズをリセットしてから適用すれば大丈夫なこともあり、使い方次第、でしょうか…。
PoserでLOD設定が出来るのかは判りません。P7までは出来なかったと思います、たぶん。PoserProやP8以降は所持していないので判りません。


ところで今日は父の日。DAZでは父の日クーポンなるものが発行されていて、$6.2と額もそこそこ大きいのでまた要らぬ買い物をしてしまいました。ちょうどFastGRABでCarraraのシェーダー集が出ていて、CPM Modular Urban Triplexが60%オフだったのでつい…。使うんだろか…。
クーポンは21日までだそうです。