DS4の便利な機能に、衝突判定があります。
主に服の破れなどを補うのに使いますが、髪の毛に対しても、人体への突き刺さりを回避するのに使えて大変便利です。

下図のようなロングヘアーの場合、ポーズを取らせると立ちどころに髪の毛が突き刺さります。モーフやD-Formでの修正も結構難儀です。
20120204-1
△胸に突き刺さりまくりです。

<手順>

髪の毛を被せてポーズをとらせた後の段階からスタートです。

1.髪の毛を選択状態にして、[Scene]タブのオプションからEdit>Apply Smoothing Modifier を実行します。
20120204-2

2.[Parameter]タブにMesh Smoothingという項目が出来ます。
20120204-3

Collision Itemのボタンを押して、衝突対称をGenesisにします。
20120204-4

3.しばらく待つと、処理が終わって結果が表れます。
20120204-5

手順はそれだけです。

Collision Iterationsスライダーの数値を高くするほど、計算に時間がかかるようになりますが、衝突判定の精度が上がります。

試しにデフォルトの3から20にしてみました。
20120204-6

違いが判りますでしょうか。
数値が3の方は毛先の方が多少まだ突き刺さっているのに対し、20の方は綺麗に回避されています。

Smoothing Modifierを適用させてからポーズを修正する場合、いちいち衝突判定を計算して時間を取られるのが煩わしいです。そんな時は、レンダリングする直前までEnable SmoothingをOffにして置くといいです。