VSS日本のビジュアルノベルのようなCG塗りを再現するDAZ Studio用シェーダー、Visual Style Shadersを購入しました。簡単にふわっとした雰囲気のイラスト調に仕上げることができます。

肌用・汎用・髪用のプリセットがあり、適用したいサーフェイスを選択したら、それぞれに応じたプリセットをダブルクリックすると適用されます。
20120516-1
パレットから色を選ぶみたいな感覚で、簡単に適用できます。
ついていたテクスチャーは剥がされます。必要なら手動でつけることになります。

基本的にはエアブラシのような、ふわっとした質感ですが、セル塗りのようなシャープな塗りにすることもできます。
輪郭線の明るいところと暗いところで色分けができるなど、美少女塗りをよく研究されてるなぁと思います。
おまけで、モノクロ漫画タッチ用プリセットもついています。

こちらの専用スレッドで、沢山レンダ画像を見ることができます。
VISUAL STYLE Anime Shaders ~ Official render topic!

似たようなシェーダーにpwToonがありますが、大きな違いは、
サーフェイス毎に影の有り無しを設定できるところでしょうか。
例えば、鼻の穴には影を落としたくないとか、細かいところで融通が効きます。
平面や鋭角の個所の輪郭抽出は苦手のようです。

Visual Style Shadersを使用して、一枚レンダしてみました。
20120516

pwToonだと結構調整が面倒だったのですが、
こちらはプリセット適用だけで、ほとんど弄っていません。

ちなみに、キャラクターはAsobiという、ちょっとクールな感じのアニメ風キャラです。とっても可愛いです。
髪の毛はPoser七転八倒さんのLittleBusters Saya's hairをお借りしました。
フリーなのにモーフもしっかり用意されていてクオリティが高いです。
ありがとうございます。