補足というか、注意のメモです。
早めに発見できればよかったのに、
全ての衣服が作成終わり、マテリアルもサムネイルも終わり
Poserでの最後の最終確認で気が付きました。
完成までに何度もPoserでチェックをしていたのに、
そのときは何ともなかったのです。
何のいたずらか、最後になって不具合発動。
でも気が付いてよかった。
DS4でcr2衣服を作る奇特な人間は、
もう私くらいしかいないだろうなぁ…。


■モーフ組み込みの注意
モーフの挙動がPoserでおかしい。
モーフを動かすと、パーツの境界が出てしまう。
DS4
△DSでモーフを動かす。問題ない。

Poser
△Poserで動かす。パーツ間の境界ができる。
この場合の境界は、股間周辺と太腿のあたり。

今まで問題なかった過去に作成した上着も、
モーフ追加のためにcr2に上書きしたら、同じ現象が起きるようになった。
最近作成したネックレスは問題ない。
Exportを何度も繰り返すうちにおかしくなったのだろうか…。
それとも、外部のエディタで上書きするときに問題が起きたのか…。
DSでExportをし直してみても改善しない。

エディタでcr2内を見ても、記述の誤りは見られない。
デルタ情報がおかしいのだろう。
見ると、JCMもFBMもその他のモーフもすべて挙動がおかしくなっている。

DSでは問題ないので、パラメータを1にした状態で
HexagonBridgeを通してモーフを上書きしてみたら
Poserで正常に動作するようになった。
膨大の数のモーフを一つずつ上書き修正する作業は骨が折れるが、
Poserでの組み込み直しの面倒さに比べれば全然楽だと思って頑張ろう。
原因が分からないと、また同じ轍を踏みそうである…。要研究。

DSでは非表示設定のパラメーターでも、
Parameterタブのオプションで"Show Hidden Properties"にチェックを入れれば
表示して確認することができるが、
Poserではできない(少なくともPoser7J以前ではできない)

Dimension 3DさんのPoserPythonスクリプト、
「UnHide Dials」で表示させることができる。
12 Free Poser Python Scriptsというセットの中に入っているが
単品でダウンロードもさせていただける。


追記1:
大丈夫だと思っていた、過去DS3の頃に作成した上着は、
どうやら元からPoserではおかしかったようだ…。
昔のデータをPoserで読み込んでみると、同じ現象がおきていた…。
また、最近作成したネックレスも、よく見ると同じ現象が発生していた。

追記2:
例えば全10個のPoserで異常なモーフがあったとして
1~5をHexagonBridgeで上書き修正
→ Poserで1~5は正常、6~10はまだ異常、
一度終了させて翌日に続いて6~10をHexagonBridgeで上書き修正 
→ Poserで1~5が異常化、6~10は正常化
ということになり、修正したものが再び異常化した。
その間に外部エディタでの上書きはしていないので、
DSでのcr2読み込み時にデルタ情報が書き換わる…?
DSで修正するなら、ロード状態のまま1~10まで全て一気に修正する必要がある。
一度でも再ロードしてしまうと……おかしくなるっぽい。