DAZ Content Management Service(CMS)が不調です。突然停止してしまいます。
CMSが起動していないと、SmartContentが表示されないので不便です。
コンピューターの管理>サービスから手動で開始しても、DSを立ち上げると停止するので、
DS及びCMSを再インストールし、ファイアウォールでどちらも除外設定させました。
即停止はしなくなりましたが、DSをしばらく起動しているとやっぱり停止してしまいます。
セキュリティソフトやPC最適化ソフトを終了させても、現状は同じようです。
フォーラムを見ると、どうやらデータベースの破損が関係しているらしく、全部一掃してから再インストールしないとならないようです。
データベースの再構築は面倒だけれども、ContentLibraryをあちこち移動するのはもっと面倒なので、思い切ってデータベースを削除してから再インストールしました。
なんとか今のところは問題なく動いているようです。
フォーラムでは「データベースが数GBあるから一掃するのは抵抗がある」みたいな人もいらして、それに比べれば、たった19MBしかない私はまだいい方ですね。


話は変わりますが、
ぼちぼち、絡みポーズのM4からGenesis(M5)への変換をしております。
ずれが思った以上にひどくて、お互いを合わせる作業はなかなか大変...ですね。
この手のポーズを作っていると、M4にはなかったpelvisやabdomen2の存在の大きさを実感します。
これにより、体がしなやかに曲がるので、これを活かさない手はないです。
また、Genesisでの可動領域や体のバランス、全体のシルエットなどを意識すると、
修正個所が盛りだくさんです。一からポーズを作ってるみたい。
一日2~3個くらいずつしか進みません。

M4と同じポーズというのはやっぱり無理で、手の位置や仕草などは結構変わってきてしまいます。


<本日のレンダ画像>※やおいに抵抗ある方はご遠慮下さいです。
フランクフルトを頬張るシュバートさん。
20121007-5
Shader設定に失敗してどうみてもフランクフルトです。

謎な場所の二枚目。連結注意報。
20121007-3

濡れ肌マップWetBodyも、UberSurfaceShaderを使うと効果が殆どなくなってしまいます。
DS3のころは併用してもちゃんと効果が出たのにな...。
DS4になってからUSSの調整が、より思うようにいかなくなったです。