オリジナルキャラクターを作成するとき、目の形を弄り過ぎると、
Genesis標準の「EyeClosed(目を閉じる)モーフ」では対応できなくなってしまいます。
introduction
△こんな悲惨なことになってしまいます

EyeClosedを1にしたときに、
指定キャラクター限定で自動修正されるようにモーフを作ります。

差分とすることで、修正モーフの存在を意識することなく
標準のEyeClosedモーフを使って表情付けができるようになります。

以下はその手順の覚書です。
もっと単純な方法が他にありそうです。
要は手順7です。

【追記】 2014/09/19
「オリジナルキャラ作成時の目の補正 [改訂版]」の記事にて、新しく書き直しました。


<手順>
11. キャラクターを適用した状態でobjファイル書き出し。
Resolution Level(メッシュ解像度)をBaseにすることを忘れない。

フィギュアのグループは統合する(Write GroupsUse Figure Name(s)にする)。
ここではファイル名をGenesisKoumei.objとした。
またキャラクターのモーフ名は内部・ラベル共にKoumeiHead


22. モデラーで1のobjを利用して目を閉じた状態のモーフを作成。片方だけ作成する(ここでは左側)。
 →obj書き出し。ファイル名をKoumeiEyeClosedL.objとした。


33. キャラクターを適用したGenesisにMorphLoaderProで2のKoumeiEyeClosedL.objを読み込む。
オプションでは
Reverse Deformations
Preserve Existing Deltas

Yesにするとキャラクターの差分を読み込んでくれる。
モーフ名はKoumeiEyeClosedLとした。


44. キャラクターモーフ(KoumeiHead)を"1"、3で読み込んだKoumeiEyeClosedLモーフを"1"、GenesisのEyes Closed Left(HeadのPoseControlsにある)を"-1"にしてobj書き出し。
ファイル名をKoumeiEyeClosedLfix.objとした。

注)Eyes Closed LeftはLimitsが制限されているので、ParameterSettingからUse Limitsのチェックを外してから-1にする。


55. MTmirrorで反対側のモーフを作る。
 5-1 .[Open Base]から1のGenesisKoumei.obj読み込み。
 5-2. [Open MT]から4のKoumeiEyeClosedLfix.obj読み込み
 5-3. [Swap]したら[Save MT]KoumeiEyeClosedRfix.objで書き出し。

→左目と右目の修整モーフ用objが完成。
できたobjはKoumeiEyeClosedLfix.objKoumeiEyeClosedRfix.objの二つ。


6-16. 5で完成した二つのモーフをMorphLoaderProで読み込む。
 この時、Genesisに適用されているのはキャラクターのモーフのみ。その他はすべて0にしておくこと。
 Reverse DeformationsPreserve Existing DeltasYes

モーフ名はKoumeiEyeClosedLfixKoumeiEyeClosedRfixとした。

6-2Eyes Closed LeftKoumeiEyeClosedLfixを両方"1"にしたときに、ちゃんと目が閉じている(2の状態)か確認する。


7-17. PropertyEditorを起動してERCを組み込む。
指定キャラクターのモーフが適用されている時(KoumeiHeadモーフが"1"の時)のみ、Genesis標準モーフEyes Closed LeftおよびEyes Closed Rightに連動して修正されるように設定する。

Hierarchyリストではプロパティが内部名でアルファベット順にソートされている。
6で読み込んだ修整モーフ(KoumeiEyeClosedLfix)を探し出し以下のように設定する。

修正モーフ(KoumeiEyeClosedLfix)のControllersの項目に
キャラクターのモーフKoumeiHead)と
Eyes Closed LeftCTRLEyesClosedL)を指定する。
 →Eyes Closed LeftはERC TypeをMultiplyにする

Right側も同じように設定する。

7-2ERCの指定が終わったら、修正モーフを非表示設定にしておく。


8-18. Eye Closedモーフを動かして確認する。

確認が終わったらセーブしておくのを忘れない。8-2