Angelic giftsにて配布させていただいた、眼鏡についての補足です。
M4アイテムとしてますが、これだけはM4・V4.2・Genesis・M5・V5に対応しています。

<Michael5で使用する場合>
Michael5をロードして、お好きなキャラや服をセットアップします。
ポーズはまだつけてはいけません。
眼鏡(GlassesCFS)をロードします。ちなみにCFSはCellFrameSquareの略です。
01
DAZ StudioでM4 Casual Setを使用する場合、
これらのファイルはContentLibraryタブPoser Formatsからロードします。

M4に合わせた位置なので、M5の顔からはずれていると思います。
まずは「GlassesCFS」を"Head"にペアレントさせます。
ドラッグでペアレントしても、右クリック>Change Parentからでもよいです。
02
△方法1:Sceneタブで眼鏡を"Head"にドラッグ

03
△方法2:眼鏡の上で右クリック>Change Parentで出てくるウィンドウから"Head"を選択

[Pose]に入っているMATフォルダに、マテリアルと一緒にFitポーズが入っています。
M5用にフィットさせる「01_Fit_Michael5」をダブルクリックで適用します。
04
※ご注意 Fitポーズは必ずペアレント後に適用して下さい。

顔に合わせたつるの調整は、左右のTempleが可動しますので、そちらで行なって下さい。
05
この可動で眼鏡はたためるようにもなっています。
机に置いたり、胸のポケットにしまったり、小道具としても使えます。

あとはお好みのマテリアルを適用して下さい。
06
いろいろ用意してみたけれど…
どれも微妙で、黒が一番無難ですよね。