Young Teens 5 Pro BundleにバンドルされているリアルなセーターReal Feel Pullover Genesis
結構なポリゴン数なのだろうな…と、試しにインストールしてみました。
そこそこであれば使いたいと、ポリゴン数をみてみると、
予想を遥かに超える207348ポリゴン。おお~、桁が一桁違う…!Genesis何体分?
これ一つで終わっちゃうよ…。
Genesisは37104ポリゴンです。
最近のGenesis衣装は超ハイポリ路線で、低スペックPCには厳しいです。
というわけで、再び手作りです。
先日のタートルネックを利用して、Vネックです。また。
ユニ○ロとかに売っていそうなシンプルなやつ。
ニットのテクスチャだけは大量に買ってあるしね…。

VNeckSweater0112616ポリです。削る余地が十分にありますが、まぁいいかな…。
増やすのは簡単だけど、減らす作業は面倒くさいのです。
脇のあたりが変なのが気になりますね。
タートルネックの時はウェイトマップの調整だけでは厳しくて、体型Shape毎にJCMを作ったりしたのですが、自動のままあまり弄らないほうがよさそうな印象です。
難儀をしただけで、あちらを立てればこちらが…状態になってしまいました。

前回の記事にて、ガラスを含む背景のテストレンダに使ったGenesisの衣装たちは、自作以外は一着につき多いもので17万、少ないもので5万ポリです。
衣服を自作のへっぽこに変えれば、おじいさんと猫の登場スペースを確保できそうです。
ちなみに猫はMillennium Cat、63528ポリです。

レンダリング時のメモリ負担はテクスチャが大きく影響します。
前部分だけアーガイルなテクスチャも作ってみたけれど…、
Mat
PCのご老体を気遣えば、シームレステクスチャでタイリングしている無地のが無難か。
布系のテクスチャは、シェーディングレートを最小値程度にしないと
編み目がボケてわからず、つるつるの無地になってしまうのが難点です。