Satsuriku-Maid前回の「フィギュアに小道具を持たせる」では、剣や棒の持たせ方でした。
他のタイプの小道具を持たせる時にしている、別の方法もご紹介したいと思います。

[レンダリングに使用したアイテム]
モデル:Genesis 2 Female
衣服:LongMaidDress for V4/A4/Elite (Renderosity)、髪の毛:Samantha Hair (Runtime DNA)
背景:Reflections Victorian Bedroom、ティーセット:A Curious Tea: Drink Me

■かばんを持たせる
(1) かばんを持つ方の腕を下します。
1-1かばんはLaboratory 108さんの「business bag」をお借りしました。

(2) 手の辺りにかばんを移動させます。
1-2

(3) 鞄を持つ手のポーズを作ります。
1-3-1鞄や手以外のポーズも、動かしても大丈夫です。
持たせることさえできれば、位置やポーズはなんでもよいのです。
自分がやりやすいポーズや小道具の位置に調整しながら、ポーズ付けを行います。

1-3-2カップを持たせるときには、このような状態でポーズ作成しています。

(4) ポーズができたらHandにペアレント(親子関係の設定)します。
1-4[Scene]タブで、“Right Hand”ノードに向けて小道具をドラッグします。
左の画像はペアレント後の状態です。

小道具の位置情報と、手のみのポーズを保存しておきます。
保存の仕方は「フィギュアに小道具を持たせる」を参照してください。

保存したファイルを使うときは、
フィギュアに小道具をペアレントした後で適用させます。
afraid

小道具がどの位置にあっても、どんなポーズをとっていても
瞬時に小道具が移動します。


■両手でお盆を持たせる
これまでにご紹介した方法は、別のポーズにしても再活用できました。
この方法はポーズがほぼ限定されます。

(1) お盆にアイテムを乗せてペアレントさせておきます。
(お盆が親、湯飲みと急須が子になります)。
2-1湯飲みと急須はLaboratory 108さん。

(2) お盆をフィギュアに持たせたいあたりに移動させます。
2-2湯飲みはペアレントしてあるので、お盆に追従します。

(3) お盆を持たせるポーズを作ります。
2-3“Chest”をピンで止めて(右クリック > Pin Rotation)固定させてから
片側だけポーズを取らせました。

(4) 反対側にポーズを複製します。
2-4-1右腕のポーズを左腕に複製したいので
“Left Collar”ノードを選択状態にします。
左腕のポーズを作って右側に複製したいときには“Right Collar”を選択します。

2-4-2[Posing]タブのオプション > Symmetry (Shift + Y) を選択し
Nodes: Selected
Propagation: Recursive
Direction: Right to Left
と指定して[Accept]を押します。

2-4-3右腕のポーズが左腕にも複製されました。

ポーズの左右対称については
「ポーズのシンメトリ(左右対称)」を参考になさってみて下さい。

(5) 水平を維持してフィギュアに追従させるため、小道具を“Hip”ノードにペアレントさせます。
2-5左の画像はペアレント済みの状態です。

(6) ついでに脚のポーズも作成しました。
2-6-1

2-6-2脚を曲げたことで宙に浮いた状態になっています。
HipノードのyTranslateを動かして、床に下します。

(7) 完成した後にポーズを修正したくなったら、両手にピンを付けます。
2-7-1

2-7-2手をその位置に固定させたまま体を動かせます。

(8) フィギュアの位置を移動したい時は
フィギュア名が書いてある最上部のノード(Genesis 2 Female)を動かします。
2-8

2-9ポーズを保存したら完了です。

ペアレント先を“Right Hand”もしくは“Left Hand”に指定しなおせば、
手に追従させてポーズを動かせますが、水平は維持できないのでご注意です。お茶がこぼれます。
angry


<おまけ>
■テーブルの上に小道具を瞬時に乗せる
DAZ Studioの便利な機能の一つに「Align Ace」というものがあります。
一つもしくは複数のオブジェクトの位置合わせが簡単にできます。

まずは[Align]タブを表示させます。
Windowsメニュー > Panes(Tabs) > Align です。

ちゃぶ台の上に急須を乗せます。

3-1最初にちゃぶ台を選択し、
その次にCtrlキーを押しながら急須を選択します。

3-2[Aligin]タブ
Y Axis: から Stack : Above (+Y)を選び
[Apply]ボタンを押します。

3-3すると、瞬時にちゃぶ台の上に急須が乗ります。

「Align Ace」は軸ごとに位置合わせができます。
Alignは位置揃え、Stackは指定方向に並べる、Distributeは均等配置です。

3-4急須がちゃぶ台から離れたところにあった場合、
ちゃぶ台の真ん中に持ってくるために、X軸とZ軸をAligin Centersにします。


■ユニバーサルツールの座標
4-1フィギュアや小道具を動かすのに使う[Universal]ツールは、
[Tool Settings]タブから軸方向の基準の指定ができます。

4-2

デフォルトはローカル座標(Use Local Coordinates)になっています。
状況に応じて、ワールド座標やスクリーン座標に切り替えて使うと便利です。
Translateツールなどでも同じように座標を切り替えられます。